生理痛と骨盤の歪み

女性の3人に1人が、重い生理痛で悩んでいると言われます。これも骨盤の歪みとの関係も、大きな要因の一つとして考えられます。

子宮は骨盤の中で靭帯によって、吊り下げられた状態で収まっています。ただでさえ生理の最中は子宮の収縮痛が起こりやすい状態なのですが、骨盤のねじれ、開き、傾きなどにより子宮を吊る靭帯が不安定な位置に子宮を引っ張り、それに収縮痛が加わり、生理痛がひどい自覚症状として出ている可能性もあります。

そこで骨盤バランスを修正する事により、本来あるべき位置からずれた子宮を正常な位置に戻す事で、生理痛を緩和させます。

骨盤の矯正は骨盤回りと、関連する筋肉を十分に緩めたあとに、丁寧かつ安全に施術いたしますので痛みをともなう事はありません。ご安心くださいませ。